ほしのどうぶつクリニック 往診専門

ほしのどうぶつ日記

ほしのどうぶつクリニックからお届けする
さまざまな動物にまつわるコラムです

二十四節気の「大雪」が終わるこの頃になって、やっと本格的な冬がやってきましたね。皆様身体が寒暖差にやられていませんか?

先週は夏日があったりして、さすが火🔥の年だけあるなと思っておりました。

 

年末年始のお休みについてのご案内です。

12月30日(日)~1月6日(日)

休診とさせていただきます。

(継続治療中の患者様に関しましては調整して診療をさせていただきます。)

なお、新患の方は年内~1月6迄はお受けすることが難しくなっております。ご了承ください。

 

皆様にはご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。

 

20日は年内最後のセミナーです。冬の養生についてお話します。頑張ります。

DSC_0385

DSC_0385

床暖は神!!

 

 

DSC_0291

DSC_0291

 

11月8日に本を出版します。

 

「愛犬と20年一緒に暮らせる本‐いまから間に合うおうちケア」

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4865811729/ref=cm_sw_r_cp_apa_mg93BbKQV4R0N

 

おうちで取り入れやすい養生法を、できるだけ簡単に分かりやすく書きました。

おうちでできるケアやごはんについても記載しています。

お近くの書店、またはAmazonや楽天などのネットショップにて8日より発売となります。

皆さんのわんちゃんの元気の素になれますように!

皆さまご無沙汰しております。

めっきりブログ更新が滞っている間に、当クリニックは4月22日で二周年を迎えました。

これからも沢山のどうぶつたちを元気に!健康を維持するお手伝いをしていきたいなと思います。

 

さて、セミナーのご案内です。

6月に酪農学園大学後援の、一般の方向けの東洋医学セミナー講師をさせていただくことになりました。

有楽町にある交通会館です。

平日の昼間ですが、先着30名となります。

ご興味のある方はお申し込みの上(申し込み方法は下記の案内をご覧ください)是非いらしていただけたらとおもいます。

 

内容は東洋医学の基礎、季節のおうちでできる養生方法をお話しできたらと思います。

 

Screenshot_20180510-215841

 

 

今日は往診に伺ったお宅にて、わんちゃんと一緒に食べられるスイーツをいただきました。

 

DSC_0139

DSC_0139

 

かぼちゃ寒天と無糖あん♪

マヌカハニーをかけていただきました。

カボチャは脾胃を整えて、小豆で利水、雨降りが続く時期にピッタリですね。

ごちそうさまでした!

 

こんにちは。2月に入り寒さも一段と増し、ブログもすっかり冬眠…

寒いときはお灸で温活しましょう。

お灸の好きなワンニャンも増えています。

 

IMG_20180207_161243柴犬のプーちゃん

上:鍼灸前

下:鍼灸後

 

プーちゃんは甘えん坊のキュートな子。でも緊張したり、気を使ったりしがち。

お腹も壊しやすく、お薬も手放せません。

背中はまな板のようにガチガチです。ちょっと触れるだけでもビクビク痛みます。完全に交感神経が、優位です。

初めは1週間に一回、鍼灸をはじめました。今3回目くらいですが、鍼灸、推拿で身体をほぐすと本来の柔らかな背中を取り戻し、痛みからも解放されるようです。

回数を減らしても維持できるように治療を進められるのを目標にしています。

 

鍼灸の前と後で同じポーズを決めてくれました(笑)

可愛い(*´∀`)

全体的に体が柔らかで力が抜けた感じがつたわるでしょうか。尻尾も上がってふんわりと。

若返った感じがしますね。

 

DSC_5541

DSC_5541

 

若いうちからケアをすることで、蓄積して将来出てくる疾病を予防することができます。

人も動物も一緒ですね。

 

 

あっという間に立冬。

確かに朝の冷たい空気から冬が近くまでやってきている気がしますね。

ですが昨日のように日差しが入ると室内28℃にまでなる病院の中は、非常に快適ですが、さすがにドライをいれてしまいました。

陰気が増え、陽気が減少するこんな季節は出来るだけお日様に当たりたいものです。

 

IMG_20171106_145403_947

 

空気が冷えて乾いてくると、肺を病みやすくなります。この季節は風邪も流行り咳き込む方も増えてきます。

 

我が家も例にもれず咳き込む子供たちがいるので枇杷茶を作りました。

 

食べてプランターに埋めた枇杷の種がすくすく育って現在1メートル。小さいくせに結構立派な葉っぱをつけてくれます。

キレイな緑の濃い葉を選んで日干しにしたものをヤカンに入れていたグツグツ45分くらい煎じました。

キレイな赤いお茶ができました。

ルイボスティーみたい!

 

強い癖もないので飲みやすいので、夜は枕元にも置いて飲めるようにしています。

子供たちも好んで飲んでいます。

 

枇杷葉は、咳や、喉の痛み、インフルエンザの予防にもなります。

お庭などに枇杷があったら簡単なのでお試しください。

DSC_5154

DSC_5154

DSC_5156

DSC_5156

10月3日~7日は誠に勝手ながら往診治療を休診とさせていただきます。

上記の期間は火曜、水曜に代診に行っております小平市の内山動物病院での診療を行っております。

鍼灸治療をご希望の方は、こちらの病院へ直接電話予約をお願いいたします。

内山動物病院

小平市上水本町1-29-17

042-325-5290

(電話予約制)

 

DSC_4887

DSC_4887

お休みします💤民子

犬の鍼灸治療は、歳をとってから、というイメージを持たれる方も多いかもしれません。

 

確かに若い犬ほどちょっとした不調はカバー出来るもの。ですが塵も積もると…です。

 

今日はボーダーコリーのトムくん3才をご紹介します。トムくんはアジりティーをやっており、かなりアクティブな男の子。

夏は訓練士である飼い主さんといっぱいトレーニングをしました。

 

背部をさわってみると筋肉がガチガチで、痛みもありました。

上の写真では、背中が少し曲がり腰が落ちています。
IMG_20170829_165022下の写真は鍼灸治療は鍼灸治療後。背中がのびているのがわかります。

 

治療後は背中の力も抜けて柔らかくなりました。

 

治療のあとはどうでしたかと尋ねると、とてもニコニコしてました(飼い主談(笑)との感想をいただきました。

 

運動をよくするワンコにも日頃のケアに鍼灸治療は有効です。

動物たちの老化のサインに気がついていますか?

 

白髪が増えた

目に元気がない

毛並みが悪い

腰が曲がっている

筋肉が落ちた

ヨタヨタ歩きになってきた

 

動物も高齢化社会。

動物が生まれ持った「気」も 徐々に衰えて行きます。

体の大きな大型犬は特に後ろ足の弱りを感じることも多いのではないでしょうか?

 

ご高齢のワンコたちが足腰が弱くなり、立てなくなったら人間並みの介護生活になります。

できるだけそうならないように、足腰の弱りを感じたらケアをしてあげることが大事になってきます。

 

鍼灸治療の前

鍼灸治療の後

写真で比べてみます。

IMG_20170426_160545

しょうちゃん❤⬆

IMG_20170510_145254

ナッシュちゃん❤⬆

IMG_20170510_160548

セイジちゃん❤⬆

 

尻尾をぶんぶん振って元気にお散歩に行けるとうれしいですね。

体調よく高齢期を過ごしてもらえればと思います。

 

「三寒四温」とは本来は冬の季語だそうです。

ですが最近では3~4月頃に使う事も増えてきているとか。

数日前から昨日は冬のように凍えるように寒く、今日は日中はポカポカ陽気で春を感じました。

このまま大好きな春の気候が続いて欲しいですね。

患者さんにワンちゃんに使っている生薬の入浴剤をいただきました✨

伊勢の薬湯で、パックに生薬がそのまま入っています。ゆっくり浸からせていただきました。

DSC_4123

DSC_4123

DSC_4125

DSC_4125

体はポカポカ、当帰の薫りが気持ちまで癒してくれました。湯上がりに猫たちがクンクン匂いを嗅ぎにやってきました。

指を出すとペロペロとなめてくれました。

きっと体によい生薬の成分が動物にはわかるのですね。

 

ありがとうございました(^^)

DSC_4023

DSC_4023